ブログ

学生にもっと優しくします。

姜の視点

船の1級免許を取りました。
ぶっちゃけ、学科の上級科目はギリギリで、実技の桟橋に係留させる着岸は波風が強くギリギリ、係留ロープの結び方も間違えそうになるわで、よく受かったなあというのが感想です。
この時に思ったのが、就活に挑む学生さんのことです。就活なんて初めてのことで、いくら練習したって本番で練習通りに事が運ぶとは限らない。
きっと学生もこんな不安な思いしながら、就職試験を受けているんだろうなと改めて思いました。
これからはもっと、学生さんの気持ちを考えて、対応しようと思いました。

著者:姜 雅人
首都圏の私立女子大学の就職指導担当として年間50以上の就職講座、個別相談では年間350名以上の就職相談に応じ、1年で就職率を25%向上。1999年就職・採用コンサルタントとして独立。学生や父母向け就職講座、企業・団体向けに向けに人材採用・活用・育成に関する講演と研修を行うと同時に採用活動にも携わる。

関連記事

Facebook

Twitter

最近の記事

ページ上部へ戻る