ブログ

超有効!学内合説

学内合説表紙

2月になると、冬のインターンシップが始まりますね。今年は1dayが主流になり、ほぼ会社説明会に近いものが多いと思います。先日某大学の掲示板には80社以上のインターシップ案内の募集ポスターが貼ってありました。
同時に学内合同企業説明会を催す大学も多いと思います。この学内合説をあなたの就活に役立てましょう。
1.学内合説は企業がわざわざ大学まで来てくれるので、一般公開されている合説、求人より採用の可能性が高い。

2.学内合説は一度に多くの企業情報を「生」で聞けるので時間を有効に使える。

3.大学で開催されるので交通費がかからない。

最後に2月、3月は企業の情報をたくさん知り、そこから自分に合った会社を見つける時期です。
まずは「食わず嫌い」せず、企業に出会うチャンスを逃さないようにしてみませんか。

 

著者:姜 雅人
首都圏の私立女子大学の就職指導担当として年間50以上の就職講座、個別相談では年間350名以上の就職相談に応じ、1年で就職率を25%向上。1999年就職・採用コンサルタントとして独立。学生や父母向け就職講座、企業・団体向けに向けに人材採用・活用・育成に関する講演と研修を行うと同時に採用活動にも携わる。

関連記事

Facebook

Twitter

最近の記事

ページ上部へ戻る